Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ソラニン 四畳半神話大系 (角川文庫) ノルウェイの森〈下〉 THIS BOφWY DRIVE~GLAY complete BEST~ KYOSUKE HIMURO TOUR 2007
MUSIC
PHOTO
meromeropark
twitter
RANKING
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 文系大学生へ
qrcode

Daily memo.

<< いたとま(*´`*) * main * げつよーびー >>
flower
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - * * - * -
    flower
    『わたしを離さないで』
    2012年7冊目。
    昨日図書館で読み終えました。


    昨日は丸々授業をサボってしまったので気分もしょんぼり。
    悩みが晴れないなら悩みの原因に飛び込んでみればいいのにね。
    上手くいかない…。


    で、昨日は授業をサボって図書館に行ってきました。
    椅子に座って本を開いてからは、ずーっと読みっぱなし。

    三部構成になっているのですが、第三部は読み始めると止まらなかったです。

    第一部は舞台や背景を理解するのにちょっと苦労しました。
    登場人物の名前を覚えるのがちょっとだけ大変でした(今になって考えると、主要な3人さえ分かってれば大丈夫だったな…)

    第二部は登場人物の人間関係に着目しながら読みました。
    第一部とは置かれている環境も変わるので、背景のイメージを変更して定着させるまでちょっと時間がかかりました(理解力ない…)

    第三部は先程も書いた通り、あっという間に読み終わりました。
    続きが気になって自然とページをめくるのが速くなりました。


    全体を通して暗く寂しい雰囲気の小説ですが、描写がとても細かく分かりやすいです。
    特にもやもやした感情の描写はリアルで、「あ〜こういう事ってあるある」と頷いてしまいました。
    頭の中にイメージが沸きやすかったです。


    始めの内はミステリー小説のような不思議さと不明瞭さがありますが、的確なタイミングでそれらの本質を明らかにしてくれています。
    驚いて同じ文章を何度か読む事が沢山ありました。
    第一部から第二部、第三部と読み進めていく内に、背景や舞台に関して情報は増えていきますが、それでも不明瞭な点が気になりどんどん読み進めました。



    運命をどう受け止めるか。
    限られた時間をどう生きるか。
    その時はいつ訪れるのか。

    最後まで真実が知りたくてしょうがなかった本です。

    こんなに夢中になって読めたのも名訳のおかげです。
    とても読みやすい文体に訳して下さっていると思います。


    ちょっと重い内容でしたが、読んで良かったです。
    少し経ったらもう一度読みたい作品ですね。


    *you*
    0
      ☆*゚どくしょ * 02:36 * comments(0) * -
      flower
      スポンサーサイト
      0
        - * 02:36 * - * -